全国少年少女草サッカー大会

全国少年少女草サッカー大会

8月14日(火)〜8月16日(木)に行われた全国少年少女草サッカー大会に参加して来ました❗️

全国から強豪と呼ばれるチームが32チーム集まる全国規模の大会。

リーグの上位2チームに入れば最終日は清水ナショナルトレーニングセンターのフッカフカな絨毯のような芝生で試合ができます✨

毎年参加させていただいていますが、この大会ではなかなか結果が出せていないので「今年こそは!!」と意気込むスタッフ❗️

久しぶりの遠征で楽しそうな選手たち(笑)

結果、予選は3戦3敗…すべて0−1と惜敗。

失点も崩されたものではなく自分たちの連携ミスや油断によるものでした(~_~;)

攻撃でもいつも通りの自分たちのサッカーが全く出来ていなかった。。

そしてチームが一つになっていないような気がしました。

ウォーニングアップのブラジル体操で声を出す選手、出さない選手がいる事。

会場について自分たちのテントや水、身の回りの整理整頓までの準備を指示がないと動かない。誰かがやってくれるだろうと人任せになっている事。

もちろん指示を聞くことはとても大切です。しかし自分で考えて判断・行動する事もとても大事!!チームで今何をするべきかを学年関係なく選手一人ひとりが常に考え、周りを見て気配りができれば結果はもっと違うものになっていたと思います。

そこを選手たちと話し合い、急遽ヤスコーチにメンタルトレーニングもやってもらい、準備からもう一度自分たちでしっかりやろうと再確認しました。

当たり前のことを当たり前に、特別一生懸命にやるのがネルケ。

みんなの凄いところはここから❗️

すぐに変われるんです🙂

最後の2試合、最高でした。

準備から試合終了の後の挨拶まで本当に最高でした。

表情も、声も、気持ちも行動も。

最後の試合は先制され動揺するかなと思いましたが、自信に満ち溢れていました。

その結果が4−1の逆転勝利。

最後の最後に大きな成長を見せてくれた選手たち。

応援してくれた方々のたくさんの声援。

これがネルケゼーレ。ネルケゼーレの魂。

今大会は本当に苦しかった。

でも最高の遠征だった😂

これから大事なことは継続すること。

遠征に行けなかった選手もここからまたみんなで一つになろう。

チームが一つになる為には同じ目標に向かって選手一人ひとりが当たり前のことを当たり前に、特別一生懸命やること、それを思いやりと気配りと感謝で心を繋げること。

みんななら必ず出来ると信じています。

保護者の皆様、OG、ネルケ関係者の皆様、3日間応援とサポートをしていただき本当にありがとうございました😋

これからも選手、スタッフ、保護者の皆様、OG、みんなで心を繋げて最高のネルケゼーレを✨